オリジナル枡(升・ます)、名入れ枡、ワイン木箱の製作・販売「株式会社マル仁」

ブログ

ブログ

「伝刻」ものがたり1 序章

新たなるブランド「伝刻」(でんこく)®

構想から何年もかけて開発してまいりました。
他の追随を許さない「用の美」を極める枡。

少し難しいお話しかもしれませんが、気軽にお読みください。

開発コンセプト「伝統が次にのぞむものを」千古布朽

酒枡を核とし、全国展開を視野に入れながら東北・北陸の伝統工芸とのコラボレーションで新しいブランドの開発。

枡は1300年以上の歴史があり、日本にしかありません。
東北6県にある伝統工芸も数百年の歴史があり、他にありません。
それぞれが各々の歴史を刻んできたわけですが、この二つが融合したものは今までありませんでした。
漆塗りなどを施した枡はありますが、それ以外の伝統工芸と弊社の方法で融合させたのは歴史上、初めてになります。(各産地の組合、工芸士さんにも聞いたので間違いないでしょう)
人を感動させ、心を向かわせるには「次元の違うもの」を融合させなければならない。
1+1=2では今の世の中、誰も感動しません。

じゃあどこにどうやって融合させたのか?
それは今後発表される伝刻ホームページや伝刻の写真をお待ちください。
もしかするとメディア発表が先になるかもしれませんが。

さて、「伝刻」という名前の由来です。
「刻」というのは古い時間の単位であります。
皆さんも時代劇などでお聞きになられたことがあるでしょう。
「子の刻」など。

悠久なる歴史もその「一刻」の積み重ねであり、すなわちその刹那、未来が現在(いま)となり、現在がただちに過去となる。
人の世も刻むは生々流転の一刻なり、と。

この「伝刻」が伝統工芸というものを今までにない高い次元、手法にて過去から未来へ連綿と伝えていくのだ、という思いで付けられています。

なんだか堅苦しい話になりましたが、この「伝刻」プロジェクトには弊社のような零細企業などとても相手にしていただけないような、多くの方々のご協力をいただいており、初回ということもありきちんと書かせていただきました。
商標登録も済み、本格的に活動をしてまいりたいと思っております。

次回に続く

オリジナルブランド誕生「伝刻」(でんこく)

新たなる日本文化提唱の形。

長い歴史においても無かった枡と伝統工芸の出逢い。

その美しさに心を奪われ、刻を忘れさせる「用の美」

一献する様を想像せずにいられるだろうか。

 

 

 

(商標登録第6162087号)

他の追随を許さない唯一無二の枡。

超高級伝統工芸創作枡 「伝刻」

現在ホームページ、商品等は準備中です。

株式会社マル仁

最近はコンプライアンスにより…

掲載できないお写真がたくさんあります。
正確には最近ではなく以前からですが。
守秘義務、著作権などを順守しなくては信用問題になりますので。
いろいろあるんです。
芸能人が作った枡を手にしている写真、超有名アニメなどなど。
これらこそ載せたい!というところではありますが、載せられません。
以前に某球団が優勝した時に枡を作らせていただいたのですが、掲載した瞬間に削除依頼が来まして。特に事前に言われてなかったし、優勝しているから良いかと思ったのですがだめでした。常にネット上を監視(?)している部署があるのかと驚いた次第です。
しっかりした企業様だと守秘義務契約書にサインを求められます。
お見せしたいものほど見せられない。ジレンマです(笑)

個人様 結婚式 五勺枡ヒノキ オリジナル焼印

個人様より結婚式に使う枡のご注文をいただきました。
席札枡のご注文は多いのですがこういったシンプルな焼印のものは珍しいです。
新郎新婦さんのお名前が入った物ほど招待者には不人気ですが、こういった可愛らしいデザインですと持って帰りたくなりますね。

大阪府守口市 八雲神社地車保存会 一合枡ヒノキ オリジナル焼印

大阪は守口市にあります八雲神社。
ここには色々な地車があります。
ここの保存会の方から枡のご注文をいただきました。
デザインを拝見した時には「焼印では無理かも」と思ったのですが、工場長の技でここまで綺麗に焼くことができ、お客様にも喜んでいただけました。
どうぞご覧ください!

世界初⁉ 飲食店様、結婚式場向け最強塗装 ノンスリップ塗装×SP塗装

もし滑りにくい塗装(ノンスリップ塗装)が施されたトレーで、しかも業務用食洗器対応だったら…

弊社では可能です! 世界で初めてではないでしょうか!

名古屋の結婚式場、アルカンシエル様から「披露宴の食事でトレーにお茶漬けを乗せて運ぶのだが、ときどき茶碗が滑って落ちることがある。食洗器対応のノンスリップ塗装はできないか?」というご相談を受けました。確かにツルツルではちょっとしたことで滑り落ちてしまいます。披露宴の真っ最中に大変ですが、割と起こるそうです(⁉)
塗装が出来るかどうかわからなかったのですが、試行錯誤してそこそこのモノができ、食洗器に何度もかけてテストしていただきました。
本番用は本格的にノンスリップ効果が出る方法で成功し、お客様にも大変喜ばれました。

もしオリジナル木製トレーでノンスリップ・スーパーポリマー塗装(NSP塗装)に興味を持たれた方はお気軽にご相談ください。
なお、お電話が込み合いますのでつながらない場合は時間をおいておかけ直しいただくかメールにてお問い合わせください。

電話 0561-21-8304 担当 加藤
メール info@marunibox.com

株式会社マル仁
www.marunibox.com
www.marunibox.jp

枡・升・ます・桝 防水塗装 スーパーポリマー塗装 飲食店向け

最近、飲食店様から枡への防水塗装、弊社オリジナルのスーパーポリマー塗装についてのお問い合わせ、ご注文が増えてまいりました。
過去のブログをお読みになってのお問い合わせ、ご注文がほとんどです。
この「スーパーポリマー塗装」は塗料メーカーのものではなく、オリジナルになります。
もちろん食品安全衛生上問題ございません。
これがクリアーできないと飲食店様にはご提供できません。
では何がどう凄いのか?

1.完全防水(残念ながら木の匂いも消えますが、無臭なので酒・食器として最高だそうです)
2.耐熱130度(業務用食洗機対応)
3.防かび
4.UVカット(変色しません)
5.防着臭(洗うと食品の匂いが取れます)
6.防着色(赤ワインなど色物を入れても洗えば取れます)
7.強度アップ(含浸系塗料なので丈夫になりますが、凹みは生じます)

その他の特徴として、離反性が良いので綺麗に洗えるようです。
また、デメリットとして塗装が丈夫すぎて弊社が儲かりません。
次のオーダーまでが長すぎます。

すでに国内外の飲食店様で様々な用途にお使いいただいております。
例えば

1.どんぶり(麺類、海鮮など)
2.盛り器(刺身やその他料理)
3.スイーツの器(ケーキやかき氷など)
4.酒器

木肌そのままでは衛生上の問題、耐久性、ハンドリングなど所々の問題が起きますが、
スーパーポリマー塗装なら全て解決できます。

では一般的に丈夫であると言われているウレタン塗装と比べるとどうなのか?
例えば飲食店で頻繁に使うようなところですと半年もしないうちに塗装が浮いてきますが、スーパーポリマー塗装は数年は問題なくお使いいただいています。
今のところ最長はニューヨークの日本食料理店で8年目でしょうか。
だいたい3年から5年で買い替えや追加のご注文をいただいております。

「一度使うと止められない」「無塗装には戻れない」「とんでもない耐久性」
「なんなんですか、この塗装は!」
多くのお客様から頂くお声です。

基本的に弊社では無塗装に見えるように艶消し透明で塗っておりますが、ご希望に応じてどのような色でも塗ることが出来ます。

枡以外にも「オリジナルのランチ用弁当箱を作って塗って欲しい」などのご要望にもお応えしています。
デパートの食品陳列用の木箱を作って塗って欲しいという要望もございます。
弊社は木箱メーカーですしその他木製品も余程特殊でなければ作りますので、それらへの塗装も可能です。

ただし、他社製品への塗装はトラブル防止のため行っておりませんことをご了承願います。

気になる方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

株式会社マル仁
www.marunibox.com
www.marunibox.jp

PAGE TOP